派遣でお仕事♪事前面談って何?

派遣会社から仕事を紹介され、
あなたもその紹介された企業で働きたいと意思表示をしました。

すると、

派遣会社では企業に
あなたの名前と年齢など個人情報を伏せ、
あなたの職務経歴書などをまとめたスキルシートを提出します。

企業側は、そのスキルシートを見て、
あなたを採用するかどうか決めます。


その企業がスキルシートをチェックして、
業務を任せられると判断すると、
次は「企業面談」「事前面談」です。

先方企業へ派遣会社の営業担当と一緒に訪問し、
職場を見学したり、人事担当者や上司になる方と話をします。

派遣会社によっては呼び方はさまざまですが、
企業面談、お顔合わせなどと言われているこの行為、
実は「面接」なのです。


この「就業先による派遣社員の面接行為」は違法なのです。※1
労働派遣法により、
企業による派遣社員の事前面接は禁じられている行為なのです。

あくまで企業は、派遣会社に業務を依頼しているのであって、
派遣会社も企業に労働力を提供するだけなのです。
派遣で仕事をするなら
派遣社員、あなたは、派遣会社に属している社員なのです。


派遣会社が、あなたをその企業に適しているのか判断し派遣させます。
ですから、
派遣先企業には、あなた、その派遣社員の採用の判断の権限はありません。

ですので、
派遣会社は違法行為であるため
「面接」という言葉をつかいませんが、これは面接なのです。

面接ということは、最終決定ではまだないということです。
面接で最終決定がなされるということです。


ですから、派遣会社の営業が
「職場見学に行きましょう」と言ったとしても
「自分は採用された!」とまだ安心してはいけません。

身だしなみ、言葉づかいなどに気をつけ、
面接と思って企業を訪問しましょう。


※1
「第26条7 労働者派遣の役務の提供を受けようとする者は、
 労働者派遣契約の締結に際し、当該労働者契約にも続く
 労働派遣者に係る派遣労働者を特定することを目的とする
 行為をしないように努めなければならない。」


派遣採用のポイントはなんといっても面接?!

派遣社員と有給休暇

派遣で仕事をする場合、
有給休暇は使うことができるのでしょうか?

派遣社員も、もちろん有給休暇は使うことができます。
有給休暇は労働者の権利です。

ただし、有給休暇を使う場合にはそれなりのルールがあります。

有給休暇の使い方は、派遣会社により異なっています。
スタッフ就業規則の中に記載されているはずです。


有給休暇を使う場合、一般的には、
仕事を始めた日(雇用契約に基づく就業開始日)から
6ヶ月経過後に、
その後は一年経過ごとに、その期間中の仕事の日数応じて
有給休暇がつかえるようになります。

仕事を始めた日(雇用契約に基づく就業開始日)から
6ヶ月経過後、半年後ということですね。

ただし、個別契約、雇用契約の間があいてしまった場合に
その6ヶ月経過後という判断は、各派遣会社で違います。

たとえば、6ヶ月の間に2つの企業の仕事を行なった場合に、
先の仕事と次に仕事の間が、一週間あいてしまったという場合

有給休暇取得の資格を失うという派遣会社もあれば、
その期間が1ケ月までは認めますという派遣会社と様々です。

事前に
就業規則のチェックや派遣会社へ確認をしておくことが必要です。



☆実際に有給休暇を使う♪

あなたが、有給休暇を使う場合ですが、

必ず事前に就業している企業の担当者に
あなたの希望日に有給休暇を使って良いかどうかの許可をとります。

許可をもらったうえで、
派遣会社の営業担当者かコーディネーターにその旨を連絡します。


繁忙期や他の方と休みが重なるなど、
あきらかに仕事に支障をきたすという場合は
有給休暇を使うことは控えましょう。

就業先の企業が困ってしまいますし、
それは、また、あなたの評価が下がることになります。

有給休暇を使うことは労働者の権利ではありますが
自分の権利ばかり押しつけるのはマナー違反ですね。

派遣社員は、その仕事のプロとして派遣先へ行っています。
その気持ちを常に忘れないこと、大事です。


自分が働く人材派遣のシステムを知る

派遣でお仕事♪するなら、
自分が働く人材派遣のシステムをしっかり知りましょう!


あなたは派遣会社に登録をして、
これから派遣会社から紹介された企業で仕事をします。

あなたと派遣会社、あなたとこれから仕事をする企業と
その関係はどのようになっているのでしょうか?

人材派遣のシステムをしっかり知っておきましょう。


1986年7月に施行された労働者派遣法によって、
派遣会社に登録をして派遣会社と雇用契約を結んだあなたは、
法律的には「派遣労働者」と呼ばれます。

あなたと
派遣会社(就業元)と企業(就業先)との関係は次のとおりです。


あなたが、雇用関係を結んでいるのは派遣会社(就業元)とです。
就業条件の明示や給与の支払いは派遣会社(就業元)からです。
福利厚生、各種保険の対応もこちら派遣会社(就業元)が扱います。

では、

あなたと、企業(就業先)の関係は?

あなたが実際に仕事をするのはこちら企業(就業先)でです。

その仕事をするにあたって業務指示を行います。
あなたは、企業(就業先)の指揮命令によって仕事を行なうのです。


あなたが登録をした派遣会社(就業元)と
実際仕事をする企業(就業先)との間では
契約(労働者派遣契約)を結んでいます。



あなたは
雇用主である派遣会社(就業元)から
就業条件の明示や給与の支払いを受けます。
その他福利厚生に関する対応も派遣会社(就業元)が行います。


ですから、

企業(就業先)で発生したトラブル、
仕事に関する悩みなどは
雇用主である派遣会社(就業元)に相談することになりますね。


派遣社員では、
派遣会社の支持により派遣先事業所に派遣され
その指揮命令を受け就業する者、
あなたを「スタッフ」と呼んでいます。



※正社員についての仕事紹介は
別に人材紹介の登録が必要となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。